今からテレセク出来る人 佐久

1月 10, 2017 |

先週聞き取りしたのは、言わば今からテレセク出来る人、いつもはステマのバイトをしていない五人の男!
駆けつけたのは、今からテレセク出来る人メンズキャバクラでキャストとして働いているAさん、今からテレセク出来る人貧乏大学生のBさん今からテレセク出来る人、売れっ子芸術家のCさん、有名芸能事務所に所属していたというDさん、芸人になることを諦めたEさんの五人です。
筆者「では先に佐久、辞めたキッカケから質問していきます。Aさんは後ほどお願いします」
A(昼キャバ勤務)「おいらは、女心なんか興味なく気がついたら辞めていました」
B(元大学生)「僕は、ボロ儲けできなくてもいいと思って躊躇しましたね」
C(表現者)「小生は、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだ始めたばかりなんで満足できるほど稼げないんですよ。トップスターになる為には目立たない所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、、こういうバイトでもやりながら、とりあえずアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」

メディアアートとしての今からテレセク出来る人 佐久

D(某芸能事務所所属)「私は、○○ってタレントプロダクションでクリエーターを夢に見てがんばってはいるんですが、一度のコンサートで500円ぽっちしか入らないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」
E(コント芸人)「実のところ、今からテレセク出来る人私もDさんと相似しているんですが、1回のコントで僅か数百円の倹しい生活してるんです。先輩に教えていただき、今からテレセク出来る人ゲリラマーケティングのバイトを始めました」
意外や意外、五人のうち三人ものメンバーが芸能プロダクションに未所属という素晴らしいメンバーでした…、ところが話を聞いてみずとも、今からテレセク出来る人彼らにはステマ特有の苦労エピソードは無さそうでした…。

人間は今からテレセク出来る人 佐久を扱うには早すぎたんだ

D(ホステスとして働く)「高級なバッグとかおねだりしたら一発じゃないですか?あたしも、何人かに同じもの欲しがって1個は自分用でほかはオークションに出してるよ」
筆者「本当に?贈り物売却するんですか?」
D(キャバクラ在籍)「そんな騒ぐことかな?全部取っとく人なんていないです。クローゼットに入れててもホコリ被るだけだし、シーズンごとに変わるので物を入れてメーカーだってうれしいでしょ?」
E(十代、国立大在籍)信じられないかもしれないですが、わたしもなんですけどトレードしますね」
C(銀座のサロン受付担当)「今からテレセク出来る人 佐久を通して複数の使い方知りませんでした…私はこれまで物をもらったことはないです」
筆者「Cさんは他の人とは違う経験をしているみたいですね。今からテレセク出来る人 佐久上でどんな目的の男性をいましたか?
C「「贈り物なんて誰もくれませんでした。共通してるのは今からテレセク出来る人、パッと見ちょっとないなって感じで、ヤリ目的でした。わたしなんですが、今からテレセク出来る人 佐久を彼氏を見つける目的で期待していたのに、今からテレセク出来る人セックスだけというのは嫌ですね」
筆者「今からテレセク出来る人 佐久を利用して、今からテレセク出来る人どんな異性と探しているんですか?
C「何言ってるんだって思われそうですけど、佐久医者とか弁護士の方とか国立大在学中の一流の相手と付き合いたいんです。
E(国立大に在学中)わたしも、国立って今通ってますけど佐久、今からテレセク出来る人 佐久にもまれに同じレベルの人間はそれなりにいます。けど、おすすめする相手でもない。」
取材から分かったのは、コミュニケーションが苦手な男性を敬遠する女性がなんとなく多数いるということです。
オタク文化が広まっている言われている日本でも、佐久まだ個人の好みとして市民権を得る段階には言えるでしょう。
筆者「もしや、芸能の世界で修業生活を送っている人ってサクラでお金を作っている人が多いものなのでしょうか?」
E(芸人の一人)「そうだとよく耳にします。サクラで生活費を得るのって佐久、シフト比較的自由だし、今からテレセク出来る人私たちのような、急にステージの予定が入ったりするようなタイプの人種には必要な仕事なんですよ。事前に読めない空き時間にできるし、佐久ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(とある現役アーティスト)「人生経験になるよね、女性として接するのはなかなか大変だけど我々は男だから、自分がうれしい言葉を向こうに投げかけてやればいい訳だし、佐久男性心理はお見通しだから今からテレセク出来る人、男性もやすやすとのってくるんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「かえって、女の子でサクラをやっている人はサクラは利用者の心がわかってないから本当は下手っすよね」
筆者「女性のサクラ以上に、男性サクラの方が向いているのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「はい、そうです。優れた成績を残しているのは大体男性です。だがしかし佐久、僕は女のキャラクターを演じるのが下手っぴなんで、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(芸人事務所の一員)「根本的には、ほら吹きが成功する世の中ですからね…。女の子になりきるのが大変で…俺たちも苦労してます」
筆者「女性の人格を演じ続けるのも、色々と大変なんですね…」
女性キャラクター役の成りきり方についての話が止まらない彼女ら。
会話の途中で、今からテレセク出来る人あるコメントをきっかけとして、今からテレセク出来る人アーティストであるというCさんに注意が集まったのです。

Posted in: 総合

Comments are closed.